2/3勝負の都立中入試!

2018年2月5日 10:00|講師のつぶやき

ブログリーダー(読者)のみなさま

こんにちは!

教務部のNです。

 

2月3日は

東京都在住の8000人を超える小学6年生にとっては

都立中高一貫校の受検日でした。

そして

神奈川県の小学6年生にとっては

県立中の受検日でした。

 

みなさま、ご存じだと思いますが

この都立中高一貫校の応募倍率

非常に高いのです。

 

例えば

立川国際中の開校初年度の女子の倍率が17倍だったことは

私にとっても衝撃的でよく覚えている出来事です。

受験会場が立川国際中の校舎だけではとても足りないので

南多摩中(そのときは南多摩中はまだ開校前でした)なども会場になっていて

それでやっと収まったのです。

 

そのころから考えると

倍率も落ち着きましたが

現在も、最低でも4倍を超えています。

楽になったとはいえませんね。

 

それはともかく

受検生のみなさん

2/3は、お疲れ様でした。

実際に解いてみた適性検査問題はどうでしたか?

「こんな問題は初めて見た」

とか

「だいたいできた」

とか

「時間が足りなかった」

とか

さまざまな感想を持ったかもしれません。

緊張した人も多かったと思います。

今日からしばらくはゆっくり休んでください。

この受検という経験を通して

みなさんはいろいろな意味で

きっと成長していると思います。

 

ところで

出題された適性検査問題を見ると

いつも感心してしまいます。

よくこんな問題を考えつくものだ

と思います。

たとえて言うなら

「見た目が全然ちがうのに、口にいれてみると、あの味と同じだ」

と感じてしまうお菓子みたいなものだと私は考えます。

見た目にだまされてしまうと

「こんなの、習っていない」

と難しく考えすぎてしまうのですが

よくよく考えてみると

「あ、あの問題か」

と気がつく。

細かいところばかり気になるとわからなくなる。

しかし

大事なところ正しく理解できれば

正解にたどりつける。

そんな問題が適性検査なのではないか

と私は思っています。

 

代々木進学ゼミナールでは

多摩地区に立川国際中、武蔵高校附属中が開校した当初から

適性検査対策の授業を毎年展開しています。

そして毎年

都立中に合格者を送り出しています。

このブログを読んでくれた方でご興味をもっていただけたら

ぜひ当塾の適性検査対策の授業を体験してみてください。

全教室のスタッフ一同

お待ちしております。

 

最後に

雪が2週連続で関東地方に降っており

インフルエンザも猛威をふるっていますが

寒さに負けず

あと少しで春です。

頑張っていきましょう!

2019年度の私立中入試で勝つために

2018年2月2日 23:55|講師のつぶやき

年が明けて1/10から私立中入試が始まりました。

塾生の感覚で言うと

冬期講習が終わって即入試が始まるという感じでしょうか。

入試が始まれば

頑張ってきたあの苦しかった日々が嘘のように

あっという間に時間が過ぎて進学先が決まっていきます。

代進グループの生徒達の吉報も

早稲田実業中学合格をはじめとして

どんどん届いています。

 

現小4・5で私立中学受験を考えている人は

二月が新しい年度スタートの時期になります。

新しいテキストとノートを見ながら

さあやってやるぞ!

と意気込んでいることでしょう。

 

そんな皆さんに

必ず成績が上がるシンプルな必勝法を3つ提案します。

 

必勝法① 第一志望校を決めて、見学に行く

必勝法② テキストの問題、テストの問題は必ず解き直す

必勝法③ 暗記すべきことをメモする「ミニノート」を作り持ち歩く

※ミニノート=算数の公式、ことわざ・慣用句、理社の用語など、覚えていなかったことをどんどん書き込む

 

①~③はシンプルですが

完璧に実行するには難しいです。

試行錯誤を繰り返し

挑戦してみて下さい。

解けなかった問題が解ける喜び

成績が上がっていく喜びが

自信につながっていくことでしょう。

皆さんに期待しています。

栃木合宿責任者N先生インタビュー(後編)

2017年7月4日 12:00|講師のつぶやき

今回のブログは前回の続き、

栃木合宿責任者N先生のインタビュー後編です。

前回は勉強についてのインタビューでしたが、

今回はイベント等について聞いてみました。

 

 

-さて、N先生、「合宿」と聞いて生徒たちが期待しているのは各種イベントだと思います。

N先生:そうですね。プレミアム個別と違って合宿では息抜きもしながら勉強ができるのが大きな要素ですからね

 

-まずは、ドッチボール大会について

N先生:そうですね。まだ、必ずとは言えませんがドッチボール大会はしようと持っています。なんだかんだで盛り上がりますからね(笑)それによってクラス全体の和ができ、他の校舎の生徒と仲良くなるきっかけになるのは間違いありません。色々な地域の生徒と仲良くなることで、確実に人間としての幅が広がるので、積極的に参加してほしいと思います。あれ?でも、K先生、前に痛い目にあってませんでしたっけ?(笑)

 

―はい、、、優勝したらアイスおごるって約束したら、おごる羽目になりました…

N先生:いくら使ったんですか?

 

-日本国で一番大きな紙幣が1枚では足りませんでした…

N先生:ヘタなこというもんじゃないですね(笑)

 

スイカ割りは?

野沢温泉の合宿ではスイカ割りだったのですが、今回利用させていただく施設の関係上、厳しいと思います。その代わりになることを企画しています。

 

―残念。代替企画に期待しています!肝試しはどうでしょう?

N先生:肝試しは最後の夜に、実施する予定です。もちろん、参加する・しないは自由です

 

-今年も最上級の恐怖が味わえる?

N先生:はい(笑)。新しい肝試しを計画中なので、こうご期待!詳しくは言えませんが、閻魔様に会いに行こうと思っています(笑)

 

―最後に、栃木合宿への意気込みをお願いします

N先生:今年から始まる栃木合宿ですが、5月から入念な準備をしています。合宿のテーマは「成果を残す」です。これまで分からなかったことが分かる・受験生としてのスイッチが入るなどいろいろありますが、参加して頂いた生徒のみなさん全員に「合宿に来てよかった」と思っていただける合宿にすることを、ここに約束させて頂きます。是非ご参加をお願いいたします!

 

-N先生ありがとうございました

栃木合宿責任者N先生インタビュー

2017年6月30日 12:00|講師のつぶやき

みなさん、こんにちは・こんばんは!

教務部Kです

 

さて

今回は栃木合宿の責任者N先生に

栃木合宿での取り組みを中心に聞いてみたいと思います。

 

 

-N先生、よろしくお願いします。

N先生:はい、お願いします

 

-まずは、今年の栃木合宿の概要についてお願いします。

N先生:えーっと、概要については前回のブログを見てもらった方が早いような気がしますが(笑)

 

―たしかに(笑)、それでは今年新しく始まる栃木合宿と、これまでの合宿の違いを教えてください

N先生:そうですね、まずは、代進のある東京・埼玉・神奈川から近いので、その分授業の時間を多く割けるのが大きいですね。その分、いっぱい授業を提供できます。また、野沢温泉合宿とは違い、全員が1つの研修施設に宿泊するので夜も授業ができるというのが大きいと思います。

 

―夜まで授業があるんですか?

N先生:はい、あります。

 

-生徒たちは大変そうですね

N先生:まぁ、そのために合宿に来ているんですから(笑)。特に受験生にとって、まとまった時間を勉強に充てられるのは、夏が過ぎてしまうともう、冬までありませんし、冬は5泊6日も合宿がありませんから、ここで限界まで、いや限界を超えるまで勉強する意味は非常に大きいと思います。

 

―限界を超えるまで?

N先生:そうです。そもそも限界まで勉強していても上澄みはありませんよね?限界を超えたところに、新しい発見や成長があると思います。K先生もランニングしているのなら分かるのでは?

 

-そうですね、無理だと思っていたことが、普通にできるようになっていくものだと実感しています。

N先生:一緒なんですよ。勉強も運動も。運動部や吹奏楽部の生徒たちは分かっていると思います。勉強も部活も一緒で、やれば必ず成長するんです。それを、本気で信じられるか、本気で信じさせてくれる人が周りにいるかが重要なんです。栃木合宿に参加してもらえれば分かって頂けると断言できます

 

―では、次に個別学習の時間にはどのようなことをするんですか?

N先生:まずは、クラス授業で習ったことを復習することですね。クラス授業の担当者が個別学習ルームを回っているので、もう一度説明してほしいところや、分からなかったところを直接聞くことが可能です。次に、各自の課題に基づいた勉強をします。これは理科・社会に限らず、各教室で教室長がカウンセリングした内容をもとに、色々な科目の勉強をします。もちろん分からないことがあれば、いつでも質問できる環境が整っているので、ドンドン分からないことを消化することが可能です

 

(インタビューの後編は次回のブログへ続きます)

栃木合宿

2017年6月27日 12:50|講師のつぶやき

8月14日~19日(5泊6日)栃木県芳賀郡益子町で

栃木合宿を行います

 

卒業生の皆さんは

 

「ん?栃木!?」

 

と思われると思います。

そうなんです!

今年の夏合宿は栃木なんです!

(野沢温泉も開催致します)

 

そこで、今回は栃木合宿について紹介させて頂きたいと思います

 

栃木合宿は2つの要素から構成されています。

 

1つは個別学習

先日お伝えしたセレクトコースを合宿でも継続して続けます。

しかも、担当するのは代進グループでも授業力に定評にある教室長が指導に当たります。

校舎で勉強するよりも数倍いろいろなことが身に付きます!

 

tochigi1_R

個別学習

 

もう1つの要素は理社のクラス授業です。

栃木合宿では、プレゼンテーションソフトを用いた授業を行います。

 

なぜ、プレゼンテーションソフトを用いた授業をするのかと言われれば、

「効率が良い」からです。

先生が板書をする時間を省けることはもちろん

ノートを取ることに追われて、授業に100%集中できない生徒や

キレイに板書を写すことで満足してしまっているという生徒が多くいます。

そうならないために

ハンドアウト(必要な部分を書きだしたプリント)に書き込んでもらうことで

多くの時間を節約でき

その分を暗記の時間に充てたり

問題演習の時間に充てたりすることで

より効率的に・より濃密に授業が行えます。

 

tochigi2_R

理社クラス

そんな授業を受けられるのは栃木合宿だけです!

定員70名限定の合宿なので、早めの申し込みをお願い致します!

 

次回は、

栃木合宿責任者のインタビュー&栃木合宿での取り組みについて

聞いてみたいと思います

1 / 2312345...101520...最後 »

資料請求・お問い合わせは Freedial.0120-331-476【本部受付時間】午前10時〜午後8時半※(日)(祝)を除く。メールをご利用の方はこちら

↑このページの先頭へ