栃木合宿責任者N先生インタビュー

2017年6月30日 12:00|講師のつぶやき

みなさん、こんにちは・こんばんは!

教務部Kです

 

さて

今回は栃木合宿の責任者N先生に

栃木合宿での取り組みを中心に聞いてみたいと思います。

 

 

-N先生、よろしくお願いします。

N先生:はい、お願いします

 

-まずは、今年の栃木合宿の概要についてお願いします。

N先生:えーっと、概要については前回のブログを見てもらった方が早いような気がしますが(笑)

 

―たしかに(笑)、それでは今年新しく始まる栃木合宿と、これまでの合宿の違いを教えてください

N先生:そうですね、まずは、代進のある東京・埼玉・神奈川から近いので、その分授業の時間を多く割けるのが大きいですね。その分、いっぱい授業を提供できます。また、野沢温泉合宿とは違い、全員が1つの研修施設に宿泊するので夜も授業ができるというのが大きいと思います。

 

―夜まで授業があるんですか?

N先生:はい、あります。

 

-生徒たちは大変そうですね

N先生:まぁ、そのために合宿に来ているんですから(笑)。特に受験生にとって、まとまった時間を勉強に充てられるのは、夏が過ぎてしまうともう、冬までありませんし、冬は5泊6日も合宿がありませんから、ここで限界まで、いや限界を超えるまで勉強する意味は非常に大きいと思います。

 

―限界を超えるまで?

N先生:そうです。そもそも限界まで勉強していても上澄みはありませんよね?限界を超えたところに、新しい発見や成長があると思います。K先生もランニングしているのなら分かるのでは?

 

-そうですね、無理だと思っていたことが、普通にできるようになっていくものだと実感しています。

N先生:一緒なんですよ。勉強も運動も。運動部や吹奏楽部の生徒たちは分かっていると思います。勉強も部活も一緒で、やれば必ず成長するんです。それを、本気で信じられるか、本気で信じさせてくれる人が周りにいるかが重要なんです。栃木合宿に参加してもらえれば分かって頂けると断言できます

 

―では、次に個別学習の時間にはどのようなことをするんですか?

N先生:まずは、クラス授業で習ったことを復習することですね。クラス授業の担当者が個別学習ルームを回っているので、もう一度説明してほしいところや、分からなかったところを直接聞くことが可能です。次に、各自の課題に基づいた勉強をします。これは理科・社会に限らず、各教室で教室長がカウンセリングした内容をもとに、色々な科目の勉強をします。もちろん分からないことがあれば、いつでも質問できる環境が整っているので、ドンドン分からないことを消化することが可能です

 

(インタビューの後編は次回のブログへ続きます)

資料請求・お問い合わせは Freedial.0120-331-476【本部受付時間】午前10時〜午後8時半※(日)(祝)を除く。メールをご利用の方はこちら

↑このページの先頭へ