YS高等予備校 開校説明会報告

2018年2月15日 22:51|お知らせ

かねてより本欄で告知していた

代々木進学ゼミナール40周年記念事業のひとつ

「YS高等予備校」の最初の開校説明会を

2月10日・11日に開催いたしました。

 

これまで12名の方にお問合せいただいており

今回も志望校や現状をお聞きしながら

弊社グループからの合格例などを紹介しながら

今後の勉強法のアドバイスも含めて様々なお話をさせていただきました。

 

体験授業も開始しており

校長の和田による英文法の授業などが行われています。

すでに体験を経て

高3・高2の数人の方からご入会の意思表示を頂いております。

 

また説明会でもお話していますが

校舎の建物が築30年を越えたため

先週まで外壁工事が行われ

今後は内部の改修が始まります。

しばらくは工事中の状態が続くためご迷惑をおかけしますが

春には一新された拝島校がお目見えできると思います。

 

拝島駅で乗り換えをしている高校生のみなさん

必ずご期待に添える教室を作り上げます! 

ぜひ一度お立ち寄りください。

 

新しくなった看板が目印です。

1518770539556

 

YS高等予備校代表 松本

2/3勝負の都立中入試!

2018年2月5日 10:00|講師のつぶやき

ブログリーダー(読者)のみなさま

こんにちは!

教務部のNです。

 

2月3日は

東京都在住の8000人を超える小学6年生にとっては

都立中高一貫校の受検日でした。

そして

神奈川県の小学6年生にとっては

県立中の受検日でした。

 

みなさま、ご存じだと思いますが

この都立中高一貫校の応募倍率

非常に高いのです。

 

例えば

立川国際中の開校初年度の女子の倍率が17倍だったことは

私にとっても衝撃的でよく覚えている出来事です。

受験会場が立川国際中の校舎だけではとても足りないので

南多摩中(そのときは南多摩中はまだ開校前でした)なども会場になっていて

それでやっと収まったのです。

 

そのころから考えると

倍率も落ち着きましたが

現在も、最低でも4倍を超えています。

楽になったとはいえませんね。

 

それはともかく

受検生のみなさん

2/3は、お疲れ様でした。

実際に解いてみた適性検査問題はどうでしたか?

「こんな問題は初めて見た」

とか

「だいたいできた」

とか

「時間が足りなかった」

とか

さまざまな感想を持ったかもしれません。

緊張した人も多かったと思います。

今日からしばらくはゆっくり休んでください。

この受検という経験を通して

みなさんはいろいろな意味で

きっと成長していると思います。

 

ところで

出題された適性検査問題を見ると

いつも感心してしまいます。

よくこんな問題を考えつくものだ

と思います。

たとえて言うなら

「見た目が全然ちがうのに、口にいれてみると、あの味と同じだ」

と感じてしまうお菓子みたいなものだと私は考えます。

見た目にだまされてしまうと

「こんなの、習っていない」

と難しく考えすぎてしまうのですが

よくよく考えてみると

「あ、あの問題か」

と気がつく。

細かいところばかり気になるとわからなくなる。

しかし

大事なところ正しく理解できれば

正解にたどりつける。

そんな問題が適性検査なのではないか

と私は思っています。

 

代々木進学ゼミナールでは

多摩地区に立川国際中、武蔵高校附属中が開校した当初から

適性検査対策の授業を毎年展開しています。

そして毎年

都立中に合格者を送り出しています。

このブログを読んでくれた方でご興味をもっていただけたら

ぜひ当塾の適性検査対策の授業を体験してみてください。

全教室のスタッフ一同

お待ちしております。

 

最後に

雪が2週連続で関東地方に降っており

インフルエンザも猛威をふるっていますが

寒さに負けず

あと少しで春です。

頑張っていきましょう!

2019年度の私立中入試で勝つために

2018年2月2日 23:55|講師のつぶやき

年が明けて1/10から私立中入試が始まりました。

塾生の感覚で言うと

冬期講習が終わって即入試が始まるという感じでしょうか。

入試が始まれば

頑張ってきたあの苦しかった日々が嘘のように

あっという間に時間が過ぎて進学先が決まっていきます。

代進グループの生徒達の吉報も

早稲田実業中学合格をはじめとして

どんどん届いています。

 

現小4・5で私立中学受験を考えている人は

二月が新しい年度スタートの時期になります。

新しいテキストとノートを見ながら

さあやってやるぞ!

と意気込んでいることでしょう。

 

そんな皆さんに

必ず成績が上がるシンプルな必勝法を3つ提案します。

 

必勝法① 第一志望校を決めて、見学に行く

必勝法② テキストの問題、テストの問題は必ず解き直す

必勝法③ 暗記すべきことをメモする「ミニノート」を作り持ち歩く

※ミニノート=算数の公式、ことわざ・慣用句、理社の用語など、覚えていなかったことをどんどん書き込む

 

①~③はシンプルですが

完璧に実行するには難しいです。

試行錯誤を繰り返し

挑戦してみて下さい。

解けなかった問題が解ける喜び

成績が上がっていく喜びが

自信につながっていくことでしょう。

皆さんに期待しています。

YS高等予備校拝島校

2018年1月30日 23:59|お知らせ

教務部のKです。

先週は大雪で1週間が始まり

ずっと寒い日が続きました。

「低温注意報」なんていう聞きなれない言葉もあり

聞くだけで落ち込みました(笑)。

春はまだまだ来ないようです…

 

さて

前回に引き続いて今日のブログは

YS高等予備校についてもう少し詳しくお伝えできればと思います。

 

現在

拝島駅の近隣に

大学受験を専門で指導している予備校は

YS高等予備校を含めて2つしかありません。

現在高校生を対象にした指導形態は

映像を用いたものが多いですが

(ほとんどが映像を中心とした指導と言えます)

YS高等予備校は

ライブ授業に徹底的にこだわります

20180130

特別な場合を除き

ライブ授業のみで合格まで導きます。

と言うのも

「何故予備校や塾に通うのか?」

と問われたときに

「分からないことを解決するために」

と答える人が多数だと思います。

 

それなのに

質問ができない環境で本当に良いのでしょうか?

一般に大手の予備校では誰かに合わせるのではなく

指導カリキュラムに沿って進めていきます。

そこに生徒の姿はありません。

「分からないな」

「もう少し勉強したいな」

と思った場合は

新たに必要な授業を追加して受講することになります。

 

それは全て

生徒を意識していないからです。

 

YS高等予備校がライブ授業にこだわるのは

敢えて時代の流れに乗らず

かつ、大人数を相手に指導をしない

情熱が伝わる指導

をお届けするためです。

 

また

YS高等予備校は拝島駅から徒歩1分の好立地にあるので

学校帰りに自習室を利用しやすい環境でもあります。

家に帰るとテレビや携帯電話の誘惑に負けてしまう高校生でも

「勉強は予備校で、家に帰ってからはリラックスする」

というような気持の切り替えもしやすくなります。

 

進路指導・学習相談は随時行います。

受験校の相談や

今やらなければいけない必要なこと・必要なテキスト

受験情報などを面談時はもちろんながら

普段何気ない会話の中でも学習アドバイスを行います。

自分が目指す将来像に向けて全力のサポートをお約束します。

 

立川の駅前まで行き

大人数の教室で授業を受けるより

映像を用いた授業で質問ができない環境より

YS高等予備校で

少人数の「熱がこもった指導」を受けた方が

成果が出せると断言できます!

1年後

大きく成長したあなたに会えると

確信しています

 

説明会は

2月10日(土)①14:00~、②16:00~

2月11日(日)①11:00~、②14:00~

2月17日(土)①14:00~、②16:00~

となっております。

是非一度YS高等予備校まで足をお運びください。

よろしくお願いいたします。

ムーミンの出身地

2018年1月25日 22:44|お知らせ

「ムーミンの出身地?!知らないよ!」

「う、宇宙人の日記ってなんだよぉ」

「…ずいぶん器用なコップの持ち方ですね…」

 

悲喜こもごも

センター試験を受けた高3受験生のさまざまな悲鳴やつぶやきともに

今年の大学受験が本格的に始まりました。

皆さんも新聞やネットでご覧になったと思いますが

センター試験も変わってきています。

さらに

2020年には大学入試そのものが大きく変わり

高校の教科書や勉強の仕方までも改革が進められることになります。

変化の大きなこの時代には

どんな変化にも対応できる

本物の学力が必要になります。

 

そこで、

 

本物の力をつける

本物の予備校が誕生します!

 

すなわち

YS高等予備校 

拝島に開校 します!

 

映像を見ているだけではなかなか力がつかないと悩んでいる人

ありきたりな大教室のマスプロ授業では置いて行かれる不安を感じる人

競い合うことができず、指導する先生も不安のある個別指導に満足していない人

形ばかりは少人数でもやっていることは学校と同じ講義形式の授業には飽き足らない人

 

そうした皆さんに本物の勉強ができる場所を提供するために

40年の指導経験を基にして

新しい本格派の予備校を開校することになりました。

 

場所は拝島駅の南口を出て徒歩1分という便利なところ。

1クラス9名までの徹底した少人数クラス

常に先生と生徒が目を合わせて

話し合いながら理解を深めていく

インタラクティブなタイプの授業を展開します。

 

担当するのは

代進グループえりすぐりのベテラン講師たち。

今後のブログでも

どんな人たちが担当するのか紹介していきます。

 

「今までの予備校には

   できなかったことが

   ここだからできるのです」

と語るのは、YS高等予備校代表の松本無双先生。

2月10日には開校説明会がありますので

直接その熱い想いを皆さんに伝えます。

本物を求める高校生のみなさん

そして保護者のみなさん!

どうぞご期待ください!

1 / 6012345...101520...最後 »

資料請求・お問い合わせは Freedial.0120-331-476【本部受付時間】午前10時〜午後8時半※(日)(祝)を除く。メールをご利用の方はこちら

↑このページの先頭へ