夏期講習の国語の勉強法

2013年7月23日 18:57|コラム

はじめまして。

今回は夏期講習の復習法について書いてみます。
  

理由問題の解き方

  • 傍線部(結果)と答え(理由)同じイメージ
  • 結果がプラスイメージなら理由もプラスイメージ
  • 傍線部と同じイメージのところを注目

一般的に国語の塾や予備校の講義では

こういった「解き方」の解説があるはずです。

ここで大事なのは、習った解き方を

自分で実際に使ってみること

 

数学の方程式であれば

問題を見て当てはまる解き方を使うと思いますが

国語だとあまり意識しないで

「ただなんとなく」解いていることが多いようです。

 

これではもったいない!

授業では

「前に習った解き方で解けばいいじゃん!」

「あ、そっか忘れてました」

こんなやりとりが起こりやすいのが国語です。

 

せっかく習った「解き方」を実際に自分で問題を解くとき

受験生なら「過去問を解くとき」

使ってみてください。

 

国語の夏期講習を受けた後には

「習った解き方を使ってみる」

 

こうすることで講習の効果が何倍にもなっていきます!

意識してみましょうね。

 

あとは文法問題

忘れぬうちに一回復習です!

この夏の記憶が 秋にはただの思い出にならないように♪

 

有意義な夏を過ごしてください!

(執筆者:教務部MK) 

資料請求・お問い合わせは Freedial.0120-331-476【本部受付時間】午前10時〜午後8時半※(日)(祝)を除く。メールをご利用の方はこちら

↑このページの先頭へ

2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031